7ca95d406f80e772fb47701b88ffbb24_s

集合住宅にはアパートマンションとあります。

アパートというとなんとなく世帯数が少なく、
マンションというと世帯数が多い・・・

なんてイメージが強いと思います。

一体、この違いとはなんでしょう?

今日はアパートとマンションの違いについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

アパートとマンションの定義の違いは?

アパートとマンションは集合住宅や
共同住宅と同じ部類の建物ですがこの違いは?

答えは同じ

実際に国で定めるルールもなく、
宅地見物取引法や建築基準法などでも規定をしていません


一般的には不動産屋の独自ルールの様なもので
決めていることが多く、それが浸透して行った感じです。

世帯数が少ないものにはアパート
多いものにマンションというイメージが付いています。

そしてこの名称ですが
本来マンションなどといった英語はありません

建物内部を複数に区切って独立した住居という意味で
集合住宅は英語でapartment(アパートメント)です。

つまりマンションは和製英語です。

 Sponsored Links

アパートとマンションを分類・区別する基準とは?

不動産業界では一定基準を設けて
建物の構造で分類している様です

構造を明記することは宅地建物取引法に定められています。

そこでアパートとして分類しているものは
木造・プレハブ・軽量鉄筋造など。


マンション

・SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)
・RC(鉄筋コンクリート)
・ALC(鉄骨) など。

また、多くの方がマンションの方がよい!
・・・と思っている方もいる様ですが、

木造であっても聞こえがよいというだけで、
マンションとしていることはあります。



アパートとマンションで生活音の違いはあるの?

生活していて気になる部分は

プライバシーの問題もあり、
部屋の中はカーテンなどで保護する事は出来ますが、
音はどうしてもなかなか防ぐ事が難しい事もあります。

生活音などはその構造や間取りで大きく変わり、
木造だから聞こえるなどといったこともありません。


実際我が家は木造アパートの分類ですが
上下、隣りの音は聞こえません。

また、友人宅はマンションの分類の建物ですが、
とても周辺の音が響いて来たり、
隣人の犬の鳴き声がよく聞こえて来ます。

チェックポイントとしては、
隣りのリビングと自分のリビングなどの間に
押し入れなど間が開いている事

もしくは玄関などで生活基準になる部屋が
お互い離れているか?などでかなり変わって来ます。


我が家の場合には隣人との間にお風呂場や玄関、
脱衣所やトイレ、更に隣りのクローゼットなどで
かなりリビングまでの間があります。

多少、排水音などが聞こえたとしても気にならないほど・・・

よく間取りをチェックすれば優れた物件に当るので、
マンションだからアパートだから・・・
といった優越を付けるには値しません。

 Sponsored Links